【妄想厳禁!】速読修得は「始まり」に過ぎない

速読術をマスターしたら、今の読書の悩みが解決するはず!”
 
速読を修得したいと思っているあなたは、
ひょっとするとそんなふうに考えているかも知れません。
 
 
それはある部分で実現できるしょうし、同時に、ある部分で失敗に終わることでしょう。
 
これは別に「速読なんてできっこない」という懐疑論でも、
「所詮、速読なんて役に立たない」という悲観論でもありません。
 
ここであなたにお伝えしたいのは、「速読というのは、読書の1つの技術、読み方に過ぎない」という、ある意味で「当たり前」の事実を踏まえた現実論です。
 
同時に、「だからこそ、どう活用しようか」という未来志向の現実的思考です。

例えば30年前。「美しい資料を手早く作りたい」と多くの人が思っていました。
そこにワープロが登場。
新技術(ツール)ですべてが解決したかといえば、まったくそんなことはありませんでした。
「手が疲れる」、「時間がかかる」、「レイアウト変更が大変」
そんな悩みは解決し、恐らくは次元が1つ上がりましたが、「どう表現したら、より的確に意図を伝えられるか」という一番重要なテーマが、よりリアルに現れたはずです。
今、「ワープロ買ったら、あっという間に最高の資料が作れる!」── そんなことは誰も考えません。
「では、これを使いこなして、どう作ろう?」── これが正常な思考回路です。

 
速読を身につけた方も、これから身につけたいと思う方も、ここから語る話は、頭の片隅に置いておくようにしてください。
 
「速読は、身につけてからが始まり」 ── このことを腑に落としておくことが、速読を身につけられないという悩みと、身につけたけど使えないという悩みを予防することにつながるはずです。

「速読は魔法ではない」からこそ考えるべきこと

速読にできること・できないこと

あなたが速読にどんな期待をしているか分かりませんが、過度に期待し過ぎるとガッカリ感を味わうことになってしまいます。
 
速読は、今の読書力をベースとした「技術」に過ぎない。── そう、クールにとらえてみてください。

  • ゆっくり読んで理解できないものは速読できません。
  • ゆっくり読めば分かることも、スピードを上げすぎれば理解できません。
  • 速く読めば、言葉の繊細なリズムや響きは伝わらず味わいが消えます。

  • フォーカスを明確にすると、今まで読み取れなかった情報(文脈の整合性、概要など)が浮かび上がってくるようになります。
  • フォーカスを変えながら何度も読むことで、理解が多重構造、網目構造になり、記憶も強くなります。

技術に過ぎない速読との正しいつきあい方

速読が天才になる魔法でないことを認めた上で、こんな風に考えてみましょう。

  • 「今までは読むだけで満足していたけど、
     速読のおかげで、全体像が把握・整理できて理解の質が上がる。」
  • 「今まで、一本調子で読むしかなかったけど、
     状況に応じて自在に読み方を変えることができる。」

過度な期待と思い込みさえなければ、メリットはいくらでも享受できるはず!

「状況・目的」と「本」によって使い方をニュートラルに考える

以前の記事でこんなことを書きました。

読書には

  • 「情報」「知識」を手に入れるための読書
  • 「生き方」「あり方」を学ぶための読書
  • 「スキル」「ノウハウ」をマスターするための読書

という3つの方向性があり、それぞれにふさわしい読み方がある。

※こちらの記事です。

速読をどう使うかは、まずこの方向性によって決まります。
 
さらに同じ方向性であっても、ジャンル著者によって、同じスピードで読んでも、同じレベルの理解が手に入るとは限らないのです。
 
当たり前ですよね?
 
フォーカス・リーディングでは単行本、新書の下読み(概要把握)であれば「1冊10分」を標準的な読み方としています。しかし、本によっては「下読み90分」ということもありえます。そしてそれを、まったく問題ないことと考えています。
 
重要なことは、「10分で読むこと」すなわち「スピード」ありきではなく、「適切に概要を把握し、本ちゃん読みの下地を作ること」です。
 
ここで「速く読みたい」と思ってしまうと、90分かかってしまうことにストレスが生まれてしまいます。
 
せっかく、いい技術を手に入れたのに、それでストレスを感じたらもったいない話ですよね!

フォーカスを「成果と成長」に当て、そこから読み方を考える

スタートラインはここ。
 
「持っている技術を、この本にどう適用したら、
 これまでの読書では得られなかった成果が手に入るだろう?」

 
もし、あなたが手に入れたいのが速読の先にある成果主義・成長志向の、価値ある読書であるなら、本当に大事にすべきは「どういう成果・成長を手に入れるか」です。
 
速読を身につけていたとしても「読み方」からいったん自由になってみてください。「速さは1つの価値あるオプションに過ぎない」── そう考えられると、気持ちが楽になりますし、今よりもっと「使い方」を柔軟に考えられます。
 
速読は身につけてからが勝負。
 
そう心得て、本にふさわしい視野・意識の使い方を探り、フォーカスにふさわしいスピードと質のバランスを実現するようチューニングしていきましょう。
 
そのことで、結果として大きな効果を手にできるはずです!

おまけ

速読術というのは、切れ味のいいハサミみたいなものです。
目的がはっきりしているから役に立つ。
何を切りたいのかという全体像がイメージできていないと、生産性は上がりません。
調子に乗って切っていると、大事なことまで切り落としてしまいかねません。

── 拙著『フォーカス・リーディング』より)

関連するエントリー

  1. 「速読」なんて存在しないことが科学的研究で明らかに?!

  2. 読書と人が「人となり」を創る

  3. やってる?「7つの習慣」的読書

  4. なぜ「読書を考える」ことと「人生を考える」ことはイコールなの…

  5. 目標達成に「意志」と「仕組み」を用意しよう!

  6. あなたを読書から遠ざけるものは何か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)