本と人となりと

「あなたは繰りかえし読む本を
 何冊ぐらい持っているだろうか。
 それはどんな本だろうか。
 それがわかれば、
 あなたがどんな人かよくわかる。」

 ── 渡部昇一著『知的生活の方法』

ブリア・サヴァランの名言
 

 どんなものを食べているのか言ってみたまえ。
 
 君がどんな人であるか言いあててみせよう。

(『美味礼賛』より)
 
 
どんな本をどう読み、
 
どう自分の中に積み上げてきたか。
 
それは、自分が描いていた「あるべき自分像」と比して
 
納得いくものか。
 
一度、自分の読書を振り返ってみても
 
オモシロイかも知れません!

関連するエントリー

  1. 講師の技量で「受講者のモチベーション」はどこまで上げ続けられ…

  2. 学んだノウハウが本当に生きるための、クリティカルな条件

  3. ガツンと集中し、ハイパフォーマンスな力を発揮するには?

  4. 同じテキストを反復する学習って効果あるの?

  5. マインドマップはだめ?効果的な読書ノートはどう作ったらいいの…

  6. 「古典」はいかに読まれるべきか?── その3つの次元

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)