「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

「むしろ「読むことの停滞」の中に
 ほんとうに大事なことがあると思える。」
── 宮沢章夫著『時間のかかる読書』

速く読むことで得られるメリットは、
ある意味で分かりやすいものです。
 
しかし、速く読むことで失うものは見えづらく、
またゆっくり、立ち止まりながら読むことのメリットは
忙しいビジネスパーソンには見えづらいのかも知れません。
 
人はパンのみに生きるにあらず。
 
読書は実利のためのみに読むにあらず。

関連するエントリー

  1. お金を払って学ぶってのはこういうことなんだってば!

  2. 速読を修得して、読書が充実した人⇔しなかった人を分けたものと…

  3. 「稼ぐ力を高める」ための読書とは?

  4. 大学時代で身につけておきたい!「学習メタスキル」としての速読…

  5. 記憶術より効果的?! 学んだことを頭に残しやすくする3つの工…

  6. ラッスンゴレライ騒動から考える情報の「地」と「図」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)