「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

「むしろ「読むことの停滞」の中に
 ほんとうに大事なことがあると思える。」
── 宮沢章夫著『時間のかかる読書』

速く読むことで得られるメリットは、
ある意味で分かりやすいものです。
 
しかし、速く読むことで失うものは見えづらく、
またゆっくり、立ち止まりながら読むことのメリットは
忙しいビジネスパーソンには見えづらいのかも知れません。
 
人はパンのみに生きるにあらず。
 
読書は実利のためのみに読むにあらず。

関連するエントリー

  1. 【秘伝】速読&高速学習メソッドまとめ【公開】

  2. 百聞は一見にしく?しかず?

  3. 「社会人」は、なぜ「社会」人か?

  4. 読書の学びを深めるために、必ず取り入れるべきもの

  5. 【大学・速読&読書講座】一見難しく見える文を解きほぐす

  6. 僕らはなぜ、ちゃんと読んですら、ちゃんと理解できないのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)