「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

「むしろ「読むことの停滞」の中に
 ほんとうに大事なことがあると思える。」
── 宮沢章夫著『時間のかかる読書』

速く読むことで得られるメリットは、
ある意味で分かりやすいものです。
 
しかし、速く読むことで失うものは見えづらく、
またゆっくり、立ち止まりながら読むことのメリットは
忙しいビジネスパーソンには見えづらいのかも知れません。
 
人はパンのみに生きるにあらず。
 
読書は実利のためのみに読むにあらず。

Leave a Reply

avatar
Photo and Image Files
 
 
 
Audio and Video Files
 
 
 
Other File Types
 
 
 
  Subscribe  
Notify of

関連記事