「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

「むしろ「読むことの停滞」の中に
 ほんとうに大事なことがあると思える。」
── 宮沢章夫著『時間のかかる読書』

速く読むことで得られるメリットは、
ある意味で分かりやすいものです。
 
しかし、速く読むことで失うものは見えづらく、
またゆっくり、立ち止まりながら読むことのメリットは
忙しいビジネスパーソンには見えづらいのかも知れません。
 
人はパンのみに生きるにあらず。
 
読書は実利のためのみに読むにあらず。

関連するエントリー

  1. ドキュメンタリーやニュースはフィクションか、ノンフィクション…

  2. 学んだノウハウが本当に生きるための、クリティカルな条件

  3. 残念なツブヤキをまき散らさないための5つの防御策

  4. ストレスを背負わないための極意を学ぶ1冊

  5. 速読を活用して社会福祉士の勉強をしてみると…

  6. 熟読・精読のための速読トレーニングのポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)