「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

「むしろ「読むことの停滞」の中に
 ほんとうに大事なことがあると思える。」
── 宮沢章夫著『時間のかかる読書』

速く読むことで得られるメリットは、
ある意味で分かりやすいものです。
 
しかし、速く読むことで失うものは見えづらく、
またゆっくり、立ち止まりながら読むことのメリットは
忙しいビジネスパーソンには見えづらいのかも知れません。
 
人はパンのみに生きるにあらず。
 
読書は実利のためのみに読むにあらず。

関連するエントリー

  1. 本さえあれば生きていける…?

  2. 「読書=自己投資」と豪語するあなたが、絶対に知っておくべき「…

  3. 速読はどこまで読書の価値を高めてくれるのか? 読書の真の価値…

  4. 【お薦め書籍】子どもへの躾は子どものため?自分のため?問題【…

  5. 【漫然と読んでない?】一流を目指す人が意識すべき、読書の3つ…

  6. なぜ小難しい本を読まないとダメなの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)