座右の書からの学び

「広く浅く読書して得られないものが、
 深く狭い読書から得られるというのが、
 通則なのであります。」


 ── (新潮新書)著『人生の鍛錬 小林秀雄の言葉』

広さと深さ、どちらも重要ですが、
 
ともすると、深さ、しかも尋常でない深さを作る読書を
 
「次へ、次へ!」という焦りから忘れがちです。
 
あなたは、常に基本、初心に立ち帰らせてくれる、
 
自分と深く深く向き合うための愛読書を
 
持っているでしょうか?

関連するエントリー

  1. 西南学院大学での速読法+読書力養成講座スタートしました!

  2. 同じ(に見える)結果が得られるとすると、どっちのルートがお得…

  3. 資格試験学習でストレスと時間を激減させる速読活用法

  4. 2ヶ月に1冊読むだけで、あなたの知性を間違いなく高めてくれる…

  5. 「読書の基本」を作る読み方とは?

  6. 電子書籍時代、あなたの脳みそ、活字離れしてない?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)