座右の書からの学び

「広く浅く読書して得られないものが、
 深く狭い読書から得られるというのが、
 通則なのであります。」


 ── (新潮新書)著『人生の鍛錬 小林秀雄の言葉』

広さと深さ、どちらも重要ですが、
 
ともすると、深さ、しかも尋常でない深さを作る読書を
 
「次へ、次へ!」という焦りから忘れがちです。
 
あなたは、常に基本、初心に立ち帰らせてくれる、
 
自分と深く深く向き合うための愛読書を
 
持っているでしょうか?

関連するエントリー

  1. 「時間がなくて○○できない!」は幻想に過ぎない? スキマ時間…

  2. 効果的な読書ノートって、どんなノート?

  3. 特定ジャンルの専門家を目指すための学習の進め方

  4. 名著『君たちはどう生きるか』を、どう読み解くか?

  5. ”聞いた直後に聞き直す”人は、どこに問題があるのか?

  6. 百聞は一見にしく?しかず?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)