座右の書からの学び

「広く浅く読書して得られないものが、
 深く狭い読書から得られるというのが、
 通則なのであります。」


 ── (新潮新書)著『人生の鍛錬 小林秀雄の言葉』

広さと深さ、どちらも重要ですが、
 
ともすると、深さ、しかも尋常でない深さを作る読書を
 
「次へ、次へ!」という焦りから忘れがちです。
 
あなたは、常に基本、初心に立ち帰らせてくれる、
 
自分と深く深く向き合うための愛読書を
 
持っているでしょうか?

Leave a Reply

avatar
Photo and Image Files
 
 
 
Audio and Video Files
 
 
 
Other File Types
 
 
 
  Subscribe  
Notify of

関連記事