速読をマスターする上で成果の鍵を握る、超重要な要素とは?

こんにちは。ビジネス速読ナビゲーターの寺田です。
 
3月11日に修了した東京開催の3ヶ月コースの事後サポートが
10日経過しました。
この10日間に提出されたレポートを踏まえて、後半10日間の
課題を動画メッセージでもってお届けしました。
 
速読トレーニングそのものは通常3日間ですが、そこで完全に
実用レベルに到達できる人は、せいぜい3割でして、それ以外の
方は、事後3週間のサポート期間で完成度を上げていくことになります。
 
自動車の免許と同じですね。
 
免許を取ったからといって、どんな状況でもすいすいと
運転できるわけじゃないぞ、的な状態です。
 
この期間中に、様々な本を、様々なフォーカスで読んでいきながら、
自分なりの、新しい読書スタイルを完成させてもらいます。
 
たいていの場合、前半の10日間で劇的に変わるのですが、
なかなか変われない方も、中にはいらっしゃいます。
 
何が原因か?
 
読書経験が乏しい?
── いえいえ。
 
トレーニングが足りてない?
── いえいえ。
 
実は、「心」の問題なんですよ。
こ・こ・ろ!
 
たびたび書いてきたことですが、速読のレベル、
速さ・理解度それぞれの高さとそのバランスは、次のような式で
表すことが可能です。

速読=スキーマ(データベース)×眼・集中力のコントロール力×フォーカス

読書量が豊富で、スキーマがべらぼうに大きいと、
それだけで速く読めるようになるものです。
 
楽天の三木谷氏、GMOの熊谷氏、
エリエス・ブック・コンサルティングの土井英司氏など、
「万」の単位で本を読んできた人達は、
トレーニングをわざわざしなくても、
速読ができてしまうものです。
 
フォーカス・リーディングでは、2番目の要素、
「集中力のコントロール」の本体である鋭い集中力を
徹底的に磨き上げることで、速読を実現しています。
 
残る1つの要素「フォーカス」…
これこそが問題の本丸なのです!
 
当たり前ですが、どれだけ読書経験が豊富であろうが、
集中力を高めるトレーニングをしていようが、
「一字一句を丁寧に読みたい!」と思えば、
自然とゆっくり読むことになります

 
この「フォーカスの問題」は、
それをうまく設定する「心」の問題なんです。
 
どうしても「これまで通りの読書」、
すなわち、じっくり味わって満足感を得るような読書を
手放す
ことができなければ、
まったく速く読めるようになりません。
 
 
これは「これまでの習慣を手放す勇気・覚悟」の問題。
 
…なのですが、クールに投資対効果を計算して
割り切ってしまう
ことで乗り越えられる部分でもあります。
 
これについて、過去にこんな報告をしてくださった
受講者さん(某私立大学の社会学の教授)がおられました。

A氏
1冊の本を使って、ある実験をしてみました。

寺田
ほほー、どんな?

A氏
桜井英治著『贈与の歴史学』(中公新書、225頁)を使って、「3度読み」してみたんです。
下読みとして、「1冊10分(理解度30%)」、ちょっと軽めの本ちゃん読み「1冊30分(70%)」、最後に「精読4時間(100%)」という読み方です。

寺田
40分と4時間では6倍くらい時間が違いますが、理解度も、読んだ直後の満足度も違いますよね?

A氏
満足度はそうかも知れませんが、この体験でわかったのは、理解度70%も100%も大して違わず、よほど細部にこだわるのでない限り、精読の費用対効果はあまり高くないということでした。

寺田
なるほど、そりゃそうかも知れませんね。

という感じです。
 
確かに理解度70%くらいでざっと流したら、細かな部分が
とらえられず、少し物足りなさが残るかも知れません。
 
しかし、どれだけ丁寧に読んだとしても、
10分も経てば、詳細な情報は「ざっくりとした印象」の
中に溶けて紛れてしまうものです。
(それを後々まで憶えていられるとしたら、それは凄いことです!)
 
何か考える材料にするとか、引用するとか、「後で使う」という場合は、
どうせ読み直しますよね?
 
だったら時間の投資対効果を考えて、ざっと流しても
いいのではないかという「割り切り」ができそうです。
こんな考え方ですね。(^^)

 
右の項の分子にある「得られる価値・機能」は、
下読み+本ちゃん読み40分で読んでも、精読4時間でも
あまり変わらないとしたら、、、
 
どう考えたって、40分で読んだ方がお得ですよね?
 
そもそも「三読目で4時間」ってことは、これを一発勝負で
読んだとしたら、もっと時間がかかる可能性があるわけですよ。
 
こういう「割り切り」ができると、
実はスキーマとか心身のコントロールとか
いわなくたって速読できますよね?(笑)
 
もともと「速読」という言葉は「熟読」に対置される概念であって、
今どきのように「トレーニングをしてスピードアップ!」とかいう
言葉ではなかったワケですし。
 
 
ということで、速読をマスターしようと思ったら、
まずは「今までの読書を手放す」ところから始めましょう!
 
そして、上記のV=F/Cの式を頭に置いて、クールに
投資対効果を計算していいとこどりの読書を目指しましょう!

関連するエントリー

  1. 高いレベルの速読をマスターする人は何が違う?

  2. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  3. 講師の技量で「受講者のモチベーション」はどこまで上げ続けられ…

  4. 読書の際に、絶対に忘れてはいけない一番の要素

  5. 速読技術が究極の自己投資ツールである理由

  6. 「成長への意志」を確かにゴールにつなぐための1%の追加投資

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)