百聞は一見にしく?しかず?

「百聞は一見をしのぐと心得よ。」


 ── 勢古 浩爾著『自分をつくるための読書術』

「百聞は一見にしかず」は真実ですが、
 
目で見たことよりも、
 
良書を何度も読み重ね、
 
その世界を完全に自分のものにする方が
 
真実を確かに理解できるということも
 
往々にして起こります。
 
特に自分の世界を広げようとするなら。
 
 
「読書百遍」
 
良書を何度もかみしめる読書体験も
 
大事にしたいものです。

関連するエントリー

  1. 読書とどうつきあう?

  2. どうしたら人生の重大事を置き去りにせずにすむのか?

  3. やってる?「7つの習慣」的読書

  4. 実際問題、「誰でもできる速読」のスピードってどのくらいなの?…

  5. なじみのないジャンルの本でも、速読できるのか?

  6. 多読ってすごいことなの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)