百聞は一見にしく?しかず?

「百聞は一見をしのぐと心得よ。」


 ── 勢古 浩爾著『自分をつくるための読書術』

「百聞は一見にしかず」は真実ですが、
 
目で見たことよりも、
 
良書を何度も読み重ね、
 
その世界を完全に自分のものにする方が
 
真実を確かに理解できるということも
 
往々にして起こります。
 
特に自分の世界を広げようとするなら。
 
 
「読書百遍」
 
良書を何度もかみしめる読書体験も
 
大事にしたいものです。

関連するエントリー

  1. 「稼ぐ力を高める」ための読書とは?

  2. 学び&発信の前に考えておくべきこと

  3. 「本」の構造をつかむ難しさ 〜大学での読書講座から

  4. 【??速読の真実??】大学生および社会人への速読スキル指導の…

  5. 【大人の活字離れ?】あなたの脳ミソ、活字を拒否してない?

  6. 朝活は勉強にいいのか?不向きなのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)