百聞は一見にしく?しかず?

「百聞は一見をしのぐと心得よ。」


 ── 勢古 浩爾著『自分をつくるための読書術』

「百聞は一見にしかず」は真実ですが、
 
目で見たことよりも、
 
良書を何度も読み重ね、
 
その世界を完全に自分のものにする方が
 
真実を確かに理解できるということも
 
往々にして起こります。
 
特に自分の世界を広げようとするなら。
 
 
「読書百遍」
 
良書を何度もかみしめる読書体験も
 
大事にしたいものです。

関連するエントリー

  1. 「新書」って何?新しい本じゃないの?という方のための新書トー…

  2. 講師の技量で「受講者のモチベーション」はどこまで上げ続けられ…

  3. 多読ってすごいことなの?

  4. 同じ(に見える)結果が得られるとすると、どっちのルートがお得…

  5. 「速読に意味はない」は実際どうなんだ?

  6. 博多座「熱血!ブラバン少女。」を観て恥ずかしくなった…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)