ドキュメンタリーやニュースはフィクションか、ノンフィクションか?

「ドキュメンタリーはフィクションだ。」
── パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

Facebookの投稿を眺めていると、
なんとも皆さん、充実してステキな生活や
お仕事をなさっているやに見えますよね。
 
隣の芝生が青いというのとは、
また違った青さ加減です。
 
ドキュメンタリーというのは、事実を伝えている印象ですが、
そこには発信者や編集者の「編集」という作業が
生み出したストーリーに過ぎません。
 
ニュース番組だって同じ。
 
 
そして実は、読み手もまた、それを都合の良いように
編集して理解しているわけです…。
 
だからこそ、複数の情報を冷静に比較し、
真実を導けるような情報処理力、複眼思考が
求められるのです。

関連するエントリー

  1. 速読で解決したい本当の問題は?

  2. 2019年の目標達成は、もうモチベーションには頼らない!「こ…

  3. 中学生の文章読解力がヤバイらしい。─ でも、それは子どもだけ…

  4. 「成長への意志」を確かにゴールにつなぐための1%の追加投資

  5. 自分の「勝てないところ」に出て行く価値について

  6. あなたの「本の読み方」はどれだけ合理的か?【読書戦略のススメ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)