手に入れるべきは「インプット技術」か?

「速読術は突き詰めるとと脳の中に
 インプットする技術ですが、
 編集者に必要なのは
 原稿を評価することなのです。」


 ── 村松恒平著『文章王』

インプットする技術を加速することで
手に入るメリットは、間違いなくあります。
 
しかし、あなたが読書を通じて
 
手に入れたい果実は何でしょう?
 
 
知識を手に入れること?
 
何かの作業をおこなうこと?
 
何か思考や文化を身につけること?
 
これら To have / To do / To be という3つの方向性によって
読み方、読書のスタイルはまったく変わるはずですよね。(^^*

関連するエントリー

  1. パソコン画面を眺めるだけの速読トレーニングって効果あるの?

  2. 学びの成果の責任を、講師がどこまで負うべきか?

  3. 【読書技術/読書戦略】フィードバックを受けられる環境で読もう…

  4. 速読をマスターする上で成果の鍵を握る、超重要な要素とは?

  5. 読書とどうつきあう?

  6. 電子書籍と紙の書籍、読む時に気を遣うことって違うの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)