速読トレーニングのコツ!入力レベルがつかめない人は、ここを変えなきゃだめ!

速読トレーニングの、というかフォーカス・リーディングのトレーニングの「核心」ともいうべきは「入力レベルコントロール」です。
 
ただ、スムーズ追跡トレーニングと違って「手応え」とか「何をどうしたらいいか」というのが分かりづらいんですね。あくまで手応えだし、意味が伝わる感覚のコントロールなんて、経験したことがない世界だし。
 
このトレーニングは「がんばっていれば、少しずつ向上する」と思わない方がいい
とにかく、いろいろな活字の受け止め方を体験しないと行けません。そのために、様々なシチュエーションで、様々な意図・目的で活字と戯れる体験をした方がいいんです。
 
Lesson 03にある「内声化除去トレーニング」も、そういう体験の幅を広げる1つの手法ですし、2ページ反復練習もそう。パソコン画面を眺めるトレーニングも!

こういう体験をしていても、なお意味がふわっと伝わってくる体験ができないとしたら、その原因は1つしかありません…!
 
ということで、動画で解説してみましたので、ご覧ください!

5 1 vote
Article Rating

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x