本さえあれば生きていける…?

「本さえあれば、なんとか生きていける。」
── 永江朗著『本を味方につける本』

本が何かをしてくれるわけではありません。
 
即効性のある薬効があるわけでもありません。
 
でも、本と戯れ、本を味方に付ける術を磨いておきさえすれば、
どんな時代でもサバイバルできる ── それは確かな予感として
確信できます。
 
時に友として、
時に師として、
時に恋人として、
励まし、示唆を与え、寄り添い、悩ませ、導いてくれる。
そんなありがたい存在 ── それが「本」なんですよね。(^^*

関連するエントリー

  1. 世界の知性は、あなたを高める存在か、食い物にする存在か?

  2. 速読修得の前に…読書の投資対効果を高めるために必要なこと

  3. 続・「近頃の若者は本を読まなくなった」はウソですか?

  4. その読書はあなたの中に何を残したのか?

  5. 「価値ある読み方」って?

  6. お金なんてかけなくても、自己投資はいくらでもできる!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)