自分の「勝てないところ」に出て行く価値について

こんばんは。読書と学びのナビゲーター、寺田です。
 
今日、大学院の授業を初めて受けてきました。
 
月曜日から開講されているのですが、私は水木金の
3日間限定で授業をチョイスしており、今日が「初」となった次第。
 
 
大学でも読書の授業をしておりましたし、
当然のことながら速読技術も持っておりますし、
それなりの文献研究にはへこたれないつもりで
おりましたが…!
 
今日の授業で、ずらっと並べられた専門書の山を見て、
めまいがしてしまいました…。(苦笑)
 
しかも、その先生(教授)の研究室に所属しているドクターコースの方は、
それらを当然のように読んでいらっしゃるようで…!
 
 
そっか。
 
今まで自分は「それなりにできる」と思っていたけど、
それは「自分のフィールド」の中にいただけなんだ。
 
自分をさらに高めたければ、フィールドから出て、
もっとすごい人がいるところに出向かないとだめなんだ。
 
そんなことを、ズシンズシンと感じてまいりました。
 
 
ま、逆に言えば、「ビジネスで」の話ではありますが、
勝てないところには出て行かず、自分が自然体で勝てる
フィールドを見つけて、そこを徹底的に守り抜けってことですね。
 
 
とりあえず、明日から自分の脳みそをさらに
鍛えて参ります。
 
えぇ、自分の使命をまっとうするために、
あえて厳しい世界に出て行こうとしているわけですから。
 
がんばりますとも。(^^)

関連するエントリー

  1. メモ代わりにスマホでパシャッはダメなのか?

  2. 「よし速読だ!」の前に、基礎力は大丈夫?

  3. ぐだぐだで無駄に長い話を、スッキリ伝わる話に変える教科書

  4. 【速読?】本は速く読むべきか? ゆっくりと読むべきか?【遅読…

  5. ジェネリック医薬品ならぬ「ジェネリック・スキル」って何だ?

  6. 「早期退職教員に非はない」と言う人は視野が狭すぎる!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)