未知を取り込み、既知の世界に変えていく読書

「私にとって読書とは、
 それまで未知であった世界を
 想像しあるいは空想し、
 時には一体となって考えあるいは反発し、
 やがて既知の世界として
 私の中に沈めてゆく行為である。」
── 池内 了著『読むことと想像すること』

本を読む時、書かれた文字が意味を伴って
私たちの頭の中に入ってくる・・・
 
・・・のではありません。
 
眼に映った文字情報に反応して、
私たちの脳が、その文字・言葉に結びついた
体験を引っ張り出し、文脈に沿って新しい世界、
新しいストーリーを構築していくわけです。
 
素直にイメージにでき、自分の体験の中に
織り込んでいけるものあり。
 
時には躊躇(ちゅうちょ)し、反発しながらも、
だからこその新しい体験が生まれ、
新しい輝きを放つ縦糸、横糸として
織り込まれていくものもあり。
 
いずれにせよ、十分に咀嚼し、
自分の体験から生まれる記憶の中に、
バーチャルながら一つの体験として
位置づけられたとき、
その読書は初めて成就したと
いえるのかも知れません。
 
そして、そんな読書が体験できたとき、
私たちはすでに、読む前の自分とは違う自分に
なっているはずです。
 
知識云々ではなく、脳みそ、神経結合、マインドといったもの、
そのものが再新再生するような読書をたしなみたいものですね。(^^)

関連するエントリー

  1. 速読トレーニング期間中の読書への取り組み方

  2. 大学の読書指導者お勧め!読書力アップのためのお手軽テクニック…

  3. 「古典」はいかに読まれるべきか?── その3つの次元

  4. 読書で想像力は鍛えられるのか?

  5. 「能力の幻想」を打ち払うために、積極的に自分を試そう!

  6. 国家の財政破綻を見て我が振り直す…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)