長期にわたる講座で最高の成果を手にするための3つの秘訣

こんにちは。速読&高速学習ナビゲーターの寺田です。
ただ今、2泊3日東京出張中です。
 
本日は東京でのフォーカス・リーディング講座の主催。
明日はセールスコピーライティング講座の受講。
という感じで、講師の立場、受講生の立場両方体験中です。
 
 
さてさて、何かを学ぼうとするとき、
長期でのセミナーに参加することって
ありますよね?
 
でも、それってモチベーションの維持が
すごく大きな課題になります。
 
高校までのように毎日授業があって、
定期的にテストがあって、
先生が目をかけてくれる・・・とかじゃないわけで。
 
 
あなたは、モチベーションをどうやってつなぎます?
 
私はこんな感じで、7ヶ月の長丁場セミナーを
気合い満々で乗り切ろうとがんばっております。

 
さて実は、今日、2017年からスタートした東京3ヶ月コースが
終わりまして。

 
途中、2週間ごとに課題も提供し、
レポートも出してもらい、
メッセージ動画も送り・・・と、
モチベーションを上げてもらえるようにと
主催者としてもがんばってみました。
 
 
が!
 
 
ふたを開けてみると、たった11人のうち2人の方が、
どんどんモチベーションが落ちていって、
「速読はぎりぎり身についたけど、納得いくレベルじゃない」
というところで終わってしまいました。
 
本当はもっともっと高いレベルにいけた人達なだけに、
とてももったいない気持ちです。
 
ここから3週間の集中サポートがあるので、
5分間の檄を飛ばす動画で、
その人のための課題をお送りしました。
 
これから3週間で、この失われた2ヶ月を
しっかりと取り戻してもらおうという寸法です。
 
 
実際の所、主催者としても、いろいろ策を考えるんですよ。
 
講座の成果がどういうレベルに到達するかは、
自分が受講者の立場であれば、「100%自分で責任を持つ!」という覚悟です。
 
しかし、自分が主催者であれば、
「でも、あなたの熱意を最高の成果につなげられるように、100%責任を持つよ!」
と思うわけです。
 
そういう受講者としても長期のセミナーを受けつつ、
主催者としても長期のセミナーをやっている身として、
「こうすればモチベーション高くいけるよね!」
という話をシェアしたいと思います。

【ヒケツその1】最初に「手に入れたい成果」を具体的に設定する

これって先日書いた「目標設定のSMART原則」と同じこと。

「こういう自分になるために、
 この講座に通うんだ!」ということを、
リアルに紙に書いておく。
 
できれば、最高の成果が手に入ったとき、
自分や自分の家族、あるいは自分の仲間にとって
どういうステキなこと、ハッピーなことが起こるかを
リアルに妄想しておきましょう。
 
そして、それを紙に言葉で書いたり、
それを妄想させられる写真を貼っておおいたりして、
毎日眺めるんです。復唱するんです。
 
これがやっぱり大事ですね。(^^)

【ヒケツその2】未完成ながら、手に入ったスキルを使いまくる

今回の速読講座でも、若い男性が凄かったんですよ。
 
まだ速読技術として完成していないんだけど、
できる範囲でどんどん本を読んでるんです。
 
それまで「月1冊がせいぜい」だったのに、
この期間「毎日2冊読んだ」と言います。
 
当然、素晴らしい成果を収めてお帰りになりました。d(^^*
 
私もコピーライティングでいえば、まだまだ未熟ながら、
「成果報酬でいいよ!」って言って、サイト製作とかチラシ作りとか
させてもらっています。
 
先日も学習塾のサイト製作をさせてもらいました。
 
「サイトを作ってもらって3年間、中学生の問い合わせゼロ」
という悲惨なHPでしたが…
 
なんと、リニューアルして2日目にして「HPを見て電話してます」という
お客さんが2人!
 
こういう手応えが得られれば、
モチベーション上がって当然ですよね?
 
そして、これって「行動しないと得られない」し、
「行動すれば、何かが得られる」ものなんですよね。(^^)

【ヒケツその3】そのセミナーに参加しているスゴイ人とつながる

10人いれば、絶対に2-3人はモチベーション高く、
かつスキルレベルもめちゃくちゃ高い人がいるものです。
 
その人とつながっちゃう。
そのためにSNSがあるんでしょ!
 
その人を勝手にライバル視してもいいと思うんです。
 
「あの人がこれだけがんばってるんだから、
 自分もやらねば!」
 
って思いますよ。
 
スゴイ人のノウハウを盗むっていう努力も必要ですね。
 
ライバルの技術を盗みたい、盗む技術を学びたいって人は、
この本を読むべし!

『「できる人」はどこがちがうのか』

 
ということで、価値あるセミナーからのリターンを
最大化するために、どうモチベーションを保つか?
そんな話を書いてみました。
 
参考にしていただければ幸いです!

関連するエントリー

  1. 西南学院大学での速読法+読書力養成講座スタートしました!

  2. 自分の「勝てないところ」に出て行く価値について

  3. 「速読で多読」を価値あるものに変える、たった1つの鍵

  4. 読書「力」を付けるために、まず心がけるべきこと

  5. ベストセラー書は「誰のため」のものか?

  6. あなたの読書を「浪費」から「投資」に変えるための鍵は…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)