ジェネリック医薬品ならぬ「ジェネリック・スキル」って何だ?

こんにちは。読書と学習法のナビゲーター、寺田です。
 
「ジェネリック医薬品」なる名称を聞くようになって、
かなりの年月が経ちますが、「ジェネリック」ってなんでしょう?
 
genericは「包括的な」とか「一般的な」という意味の
形容詞ですが、医薬品などの商品が後に来る場合は、
「商標登録されていない」というニュアンスになります。
 
specific(具体的な、特定の)の対義語です。
 
んで、その「ジェネリック医薬品」ならぬ
「ジェネリック・スキル」という言葉が
ここ数年ほど、大学教育の場で使われています。
(それほど一般的な言葉ではありませんが。)
 
 
出所は2008年に出された中教審答申
『学士課程教育の構築に向けて』のようです。
 
その中で、次の5つの能力を、
「知的活動でも職業生活や社会生活でも必要」とされる
「汎用的技能」として挙げています。

  • コミュニケーション・スキル
  • 数量的スキル
  • 情報リテラシー
  • 論理的思考力
  • 問題解決力

この5つは、何を学ぶにせよ、
どういう現場で活躍するにせよ必要とされる能力であり、
大学教育(高等教育)を通じて養われるべきもの、
ととらえられているようです。
 
 
10年ほど前は「英語・会計・コンピューター」の3つを
社会人の武器となるスキルと呼んだ人がいましたが、
その大前提となるのが、上記5スキルだと言っていいでしょうか。
 
ちなみに!
 
2006年に経済産業省が打ち出した「社会人基礎力」は
こんなものでした。

  • 前に踏み出す力
  • 考え抜く力
  • チームで働く力

これらはイギリスやオーストラリアでジェネリック・スキルと
見なされているそうです。
 
なにしろ、こういった汎用性の高い基礎的能力が、
産業社会で生き抜くために求められているわけです。
 
 
逆に言えば、

コミュニケーションが取れず、
文章読解力、情報処理力が低く、
粘り強く、論理的に考える力が欠如している人
は、
思ったような仕事にありつけなくなるよ、ということ。
 
最近、「中高生の読解力がヤバイ!」という話題が
あちこちから聞こえてきております。

しかし、中高生がそうなら、そのまま大人になった
社会人だって同じことだよね?というのは、
想像に難くありません。
 
あなたは、本に書いてあることが一読して伝わってこなかったり、
誰か人の説明がすんなりと理解出来ず
「もう1回いいですか?」と聞き直すことが多かったり、
理解力・意味把握力に課題を感じていませんか?
 
読みやすい自己啓発書やビジネス書ばかり
読んでいると、「テーマについては理解できる」としても、
語彙が増えることも、思考力が鍛えられることもありません。
 
ちゃんと、難しい本、読んでますか?
 
タイトルにも付けた「ジェネリック・スキル」というのは、
どんな時代、どんな社会・組織でも活躍できるような、
基礎となる能力です。
 
この言葉を知ったことをきっかけに、
ちょっと自分の能力を見直してみてはいかがでしょう?

関連するエントリー

  1. 指導者は、本気で関わろうとしているだろうか?

  2. あなたの「読んだ」を価値あるものにするために必要な2つの視点…

  3. 【読書技術/読書戦略】フィードバックを受けられる環境で読もう…

  4. まだ、家族サービスに疲弊してる?⇒必要なのはドラッカー的イノ…

  5. 詐欺速読教室にだまされないための、たった1つのポイント

  6. 知的レベルを上げたい人は何冊読めばいい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)