速読講座の成果が上がりやすい人には、こんな共通の特徴があった!

同じ速読講座を受けても、どんどん進化をしていく人と、
同じ場所に踏みとどまって、疲れ果てていく人とがいます。
 
これは、速読に限らず、何らか目標を達成するために、
新しいことを学ぼうとする人全般に言えること。
 
その1つの大きな鍵を握るのは「行動力」です。
 
新しく学んだことって、使い方がよく分からず
戸惑ってしまうことも多いものです。
 
その時に「分からない」という不安、
「どうしたらいいんだろう」という戸惑いで
 
「ちゃんとできるようになったらやろう」
 
という感じで、行動を先延ばしする人。
 
あるいは「できていないこと」にこだわり、
頭でっかちになって考えすぎて、
ひとつところに停滞して疲弊していく人。
 
ちょっとかなりもったいない!
 
何はともあれ、何かを学んだら、
荒削りながら実践してみること。
 
能動的に実践することで、たくさんのフィードバックが
手に入ります。
 
軽やかに行動することでしか得られないフィードバックが。
 
 
速読を学ぶのであれば、その段階でできていることを
総動員して、とにかく本を読むこと。
 
プロセスを楽しみながら、できたこと、良い感覚を
積み上げていけば、どんどん完成度が上がっていきますから!

3ヶ月コースを終えて、約2ヶ月経過した方の話

2017年5月から7月までの3ヶ月コースを受講してくださった、
とあるバリバリ体育会系の方から、ちょこちょこ
読書実践のレポートが届きます。
 
数日前はこんな内容でした。

8月30日~9月6日
 
毎週水曜日か木曜にに読んだ本を記録する!
 
(中略)
 
■読んだ本(基本30分)
『仕事は掛け算』
『レバレッジシンキ』
『時給800円のフリーターが3年で』
『伝わる文章を書く技術』
『一瞬で自分を変える方法』
『バカでも1000マン』
『フォーカルポイント』
『学びをお金に変える技術』
『誰とでも心を通わせることが出来る7つの法則』
『4年で年商30億に通販社長になれるプロの戦略』
『人とお金に好かれる貯徳体質になる』
『メンターと出会う方法』
『チャンスはひっそりと近づき猛スピードで去っていく』

 
この方は学生時代は「年3冊程度」しか読んでおらず、
ここ2年ほど、ビジネスの師匠に「本を読め」といわれて
読み始めたとのこと。
 
その師匠が、私の講座を受講してバリバリ本を読むように
なってビジネスが進化したということだったそうで。
 
それで、その師匠の勧めもあって受講なさったわけです。
 
3週間のサポートが終わった段階の読書はこんな感じでした。

『これが段取り販売術』(193P)
読書の目的:どうすれば買いたいと思わせる事ができるのかを知るため。
下読み:(30)分(193)p(85%)
本ちゃん読み:(24)分(193p)(90%)

丁寧に読めば1冊30分。
さらに理解を深めるために同じくらい読む、というスタイル。
 
それから1ヶ月が経過して、
さらに技術的に進化を遂げ、
快適に読書を続けていらっしゃるわけです。
 
これくらい量をこなすと、
1冊1冊の取り扱いは非常にうまくなっているはずです。
 
ご自身の「読書の目的」である、
「ビジネスを進化させるため」ということから
フォーカスをぶらさず、
どんどん読書を楽しんでいっていただきたいものです。

3ヶ月コース、初日を終えた方の場合…

2017年8月スタートの3ヶ月講座を受講中の方からも、
こんなメッセージをいただきました。

土曜日は、講座をありがとうございました!
帰りの電車の中から、うすうす気づいていたのですが、
今日、会社の帰りにコンビニエンスストアで立ち読みしたら、
(スカスカの)文庫本1冊 読めてしまったのです!
10分もかかっていないんです。
 
自分の変化にびつくりです!
 
ありがとうございます。調子に乗って、自主トレーニングします。
嬉しくて、思わずメッセージしてしまいました。
本当にありがとうございます♡

ちなみに、その翌日にもメッセージをいただき、
読んだ内容を憶えているか紙に書き出してみたところ、
 

内容を覚えているか、実は不安だったのですが、
一晩寝ても、まあまぁ書き出せたので、自分的には◎です。

とのこと。
 
まだ3日間のうち初日しか終わっていないわけですが、
すでに手に入った感覚を総動員して、
とにかく「行動に反映させていく」というスタンスは
見習うべきものですね!
 
レッスンが進んで、基礎的なコントロール力が上がると、
もっともっと読書の質が上がりますし、疲れなくなります。
 
そうすると、さらに速読・読書が進化しそうです。(^^)

「もったいない」のは行動しないこと

一番もったいないのは、せっかくマスターした技術を
すぐに使わないこと。
 
できてるとか、できていないとか、そんなどうでもいい価値判断で
自分の行動を制限するのは、すごーくもったいない話ですよ。
 
そうやって使わないでいるうちに技術が錆び付いてしまって、
使うのが億劫になって・・・という
悪いスパイラルにはまってしまいます。

「行動すれば、次の現実。」

これは、私のビジネスの師匠であり、
フォーカス・リーディング集中講座のプロデューサーである
石原明氏からいただいた言葉です。
 
ひとところに留まっているのは損失。
成功体験は、あなたを進化させてくれますし、
失敗体験は、あなたに進化のヒントを与えてくれます。
 
行動した人だけが、どんどん新しいステージを
体験していくことができるってわけです。
 
ということで、何か新しく学びたいことがあるなら、
まずは行動ですよ。
 
速読を学んでいる方、講座を受けた人であれば、
細かいことに捕らわれず、どんどん読書を楽しんでいきましょう!
 
それこそが、成果を最大限に引き出す最大のコツなんです。(^^)

FavoriteLoadingお気に入りに登録
0 0 vote
Article Rating

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x