読書で学ぶベースには…

「(本居)宣長は『古事記』について書いたときに
 偉大であった。しかし偉大な宣長でさえも、
 オランダの文化について書いたときには、
 あれほど間違っていた。」

 ── 加藤 周一著『読書術』

本を読んで学ぶことは素晴らしいことです。
 
本はあなたを未知の世界に誘ってくれることでしょう。
 
しかし、本で読むだけで完結していては、
 
あなたは単なる「耳年増」になってしまっている
可能性があります。
 
『私の読書法』(岩波新書)の、この文章はこう続きます。

まちがわないためには、多分、書斎を出て、
オランダ人のましなのをたとえ一人でも
つかまえる必要があったのである。

常に「現場での体験をベースに」。
 
心がけたいものです。

関連するエントリー

  1. 「良書」とは何か?

  2. 本と人となりと

  3. 思考と情緒の正体は○○である、というお話

  4. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  5. プロフェッショナルを目指す人が読むべき1冊

  6. 酒を飲んで「1年」を忘れてる場合じゃありません!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)