読書で学ぶベースには…

「(本居)宣長は『古事記』について書いたときに
 偉大であった。しかし偉大な宣長でさえも、
 オランダの文化について書いたときには、
 あれほど間違っていた。」

 ── 加藤 周一著『読書術』

本を読んで学ぶことは素晴らしいことです。
 
本はあなたを未知の世界に誘ってくれることでしょう。
 
しかし、本で読むだけで完結していては、
 
あなたは単なる「耳年増」になってしまっている
可能性があります。
 
『私の読書法』(岩波新書)の、この文章はこう続きます。

まちがわないためには、多分、書斎を出て、
オランダ人のましなのをたとえ一人でも
つかまえる必要があったのである。

常に「現場での体験をベースに」。
 
心がけたいものです。

Leave a Reply

avatar
Photo and Image Files
 
 
 
Audio and Video Files
 
 
 
Other File Types
 
 
 
  Subscribe  
Notify of

関連記事