言葉の意味を的確にとらえることと、音を楽しむこと

「文章を読むときには言語的表層に
 十分注意を払うように求めている。」
── スティーヴン・グリーンブラット著
  『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』

言葉というものは、意味を伝える存在でありながら、
その「音」や「リズム」という表層構造によって
意味を越えた世界を伝えうるものでもあります。
 
あるいは韻を踏み、
あるいは五七五のリズムを刻み。
 
いや、セールスのためのコピーですら、
リズムや、自然な音の連なりを大事にしているものなのです。
 
もちろん、受け手の私たちとしては、
言葉の稚拙さに惑わされず、
言葉の巧みさに酔わされず、
ただただ、文字の裏側に息づく
著者の意志と世界観を受け取れるかどうか。
そこにこそ注意を払いたいものではありますが。

関連するエントリー

  1. 大学時代で身につけておきたい!「学習メタスキル」としての速読…

  2. あなたの読書を「身につく」ものに変える読書力養成ワーク

  3. 2017年、残り4ヶ月を充実させるための教科書(3冊)

  4. その読書はあなたの中に何を残したのか?

  5. 速読を修得して、読書が充実した人⇔しなかった人を分けたものと…

  6. 時間をあまりかけずに賢くなるには、どんな本を読むべき?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)