言葉の意味を的確にとらえることと、音を楽しむこと

「文章を読むときには言語的表層に
 十分注意を払うように求めている。」
── スティーヴン・グリーンブラット著
  『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』

言葉というものは、意味を伝える存在でありながら、
その「音」や「リズム」という表層構造によって
意味を越えた世界を伝えうるものでもあります。
 
あるいは韻を踏み、
あるいは五七五のリズムを刻み。
 
いや、セールスのためのコピーですら、
リズムや、自然な音の連なりを大事にしているものなのです。
 
もちろん、受け手の私たちとしては、
言葉の稚拙さに惑わされず、
言葉の巧みさに酔わされず、
ただただ、文字の裏側に息づく
著者の意志と世界観を受け取れるかどうか。
そこにこそ注意を払いたいものではありますが。

関連するエントリー

  1. ちょっと骨が折れるけど、すごく力が付く読書力Upワーク

  2. スポーツを読書で鍛えるとは?

  3. 朝活は勉強にいいのか?不向きなのか?

  4. 積ん読は解消すべきものか?

  5. あなたの成果を決める!口癖の魔法(もしくは呪縛)

  6. 速読無料メール&動画講座で何が学べるの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)