本は批判的に読むべきか、信頼をベースに読むべきか?

「尽く書を信ずれば則ち
 書無きに如かず」
── 『孟子』

本は批判的に読めなんて言われます。
 
この「批判的に」のさじ加減が、なかなか難しいものでして…
 
批判の視野が狭くなれば、著者の意図したゴールや想いを無視した、
些末な重箱の隅つつきになってしまいます。
 
王様は裸だ!と軽々しく口をはさむのも、
残念な「少年マインド」だという気もいたしますし…。
そもそも、まずは信じて読まなければ吸収できません。
 
 
答えは「ニュートラルに」というあたりにありそうか、
という気がしています。
 
名著と歌われ、信頼すべき人が勧めてくれたとしても、
とことんニュートラルに受け止める。
 
まずは著者を信じて。
 
その上で、自分の文化の上に、適切に編集し直し、
疑うべきは疑い、捨てるべきは捨てる。大胆に。
 
それが実践できているかと言われると、
いやはやまったく自信がありません。

関連するエントリー

  1. 本さえあれば生きていける…?

  2. 読書で「学び」が生まれる瞬間

  3. 【妄想厳禁!】速読修得は「始まり」に過ぎない

  4. 情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

  5. なぜ、あなたの読書ノートは成果が上がらないのか?

  6. 【目標達成へ!】今年残り2ヶ月を価値あるものにするために、今…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)