著者との共同作業としての読書

「書くとは、言語を手段として
 私が企てた発見を客観的な存在にしてくれるように、
 読者に呼びかけることである。」


 ── サルトル著『文学とは何か』

ある作品を「理解する」というのは、
 
著者の言葉と世界観を受け取りつつ、
 
自分の世界観の上で再構築するという営み。
 
 
豊かな言葉と世界観をベースに、
 
傲慢にならず、作者の言葉の奥にある世界観を
 
受け止めたいものです。

関連するエントリー

  1. 多すぎる書籍のあふれる時代は幸せか?

  2. やってる?「7つの習慣」的読書

  3. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  4. モラルに訴えても改善しなかった駐輪場マナーを一発で解消した方…

  5. 同じ(に見える)結果が得られるとすると、どっちのルートがお得…

  6. 寺田流、パフォーマンスを上げるための「とっておきの1枚」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)