読書とどうつきあう?

「すばしこい人間は学問を軽蔑し、
単純な人間はそれを崇拝する。
ただ賢い人間はそれを使用する。」

── F・ベーコン著『ベーコン随筆集』

読書を「投資」と呼びながら、
本を“読むだけ”で終わらせる人がいます。
 
「本を読むこと」だけを崇拝し、
それで賢くなれると勘違いしているのかも知れません。
 
読書は“読む”ことに始まり、
“実践し、成果を上げる”ことに終わります。
 
読書のプロセス全体を俯瞰できる
賢さを身につけたいものです。

関連するエントリー

  1. 速読力が鈍ってきたら、何をすべきか?

  2. 読書で取り憑かれてしまったモヤモヤに、どう対処すべきか?

  3. 「社会人」は、なぜ「社会」人か?

  4. 「速読」なんて存在しないことが科学的研究で明らかに?!

  5. 本を読む必要なし…?

  6. 「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)