あなたは読書を「頭」でしてる?「心」でしてる?

「読者は己の魂を奪われることで
 新しい己の心を獲得する。」
── 谷沢永一著『人間通になる読書術・実践編』

魂を奪われるような読書・・・
 
さてはて、そんな体験をしたのはいつのことだったか。
 
大人になって「学び」とか「投資」として
本を読むようになると、
どうしても「アタマ」で読んでしまいます。
 
頭で読む読書は、どこか本との間に、
微妙に距離をとりがちです。
 
「ふーん。そうやねー。」
「ほー。そうなんだ。」
 
一歩間違うと、他人事のように、
そして上から目線で読んでしまいます。
 
「書き方がいまいちだよね。」
「この著者のこの主張、なんか分かりづらいよね。」
 
 
胸を借りて学ばせてもらっていたはずが、
いつの間にか評論家気取り?
 
気をつけねば・・・!
 
頭で、
本と微妙に距離をとって、
他人事のように読めば、
そりゃ記憶に残らないってもんです。
 
人生、変わりませんよね。
 
 
もっともっと本の中の世界を
自分事としてとらえて、自分丸ごとで
体当たりしていくような、のめり込んでいくような、
そんな読書もたしなんでいかねば、ですね。
 
知識ではなく、自分の魂のあり方そのもの、
心そのものに変化をもたらしてくれるような読書を。

関連するエントリー

  1. 本を速く読む価値って、どこにあるんだろう?

  2. 「本」の構造をつかむ難しさ 〜大学での読書講座から

  3. 指導者は、本気で関わろうとしているだろうか?

  4. なぜ「読書」が人生最高の「自己投資」になりうるのか?

  5. あなたの読書は「よいこの読書」になっていないか?

  6. 「速読で多読」を価値あるものに変える、たった1つの鍵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)