とっちらかった思考を整理し、「伝わる」コミュニケーション力を鍛えよう!

こんばんは。読書と学習法のナビゲーター、寺田です。
 
世の中には
「思考がとっちらかった人」と、
「整然とポイントを押さえて思考できる人」とがいます。
 
もし、あなたが

寺田
要するに何? もっと分かりやすく話してくれる?

 
そんな辛辣な言葉をよく受けるとしたら…
 
あるいは、自分が言いたいことがなかなか伝わらない、
と感じるとしたら…
 
ひょっとすると、思考がとっちらかっているのかも知れません。
 
だとすると、すごく損をしている可能性がありますよ!
 
ぜひ、すっきり整理された思考回路を手に入れましょう!

とっちらかった思考とは?

「とっちらかった思考」という言葉は、どことなく分かりづらいので、
ここでは、次のような現象を指している、と理解してください。
あくまで「自分の意見(主張)」や「コミュニケーションの中の言葉」
に関する話です。

  • 思いつくままに言葉にするために、脈絡がない
  • それはつまり、話があちこち飛んでいる状態である。
  • そこでは、何が重要か、そうでないのか、因果関係はどうなっているのかすら見えない。
  • どんな問いに対して、どういう答えを展開しようとしているのかすら、行き当たりばったりで、よく分からない。
  • 主語と述語が離れすぎていたり、ポイントの前置きや修飾語・形容詞句がやたらと長く、主張の中核が見えづらい。

 
もっとシンプルに整理すると、

寺田
フォーカスが定まっておらず、無駄に言葉が多い状態!

 
といっていいでしょう。

「とっちらかった思考」の何が問題なの?

思考がとっちらかった状態というのは、
コミュニケーションにおいて「伝わらない」という
大問題を生みます。
 
相手が身内であれば、

名無しさん
要するに何?

という、愛あるダメ出しをもらえる可能性がありますが、
相手がビジネスのお客さんだったら?
 

自分の意見・主張が伝わらず、意図したとおりに相手を動かせない。(説得できない。)

と、なるのがオチ。これは怖い!


 

では、何が原因で「とっちらかる」の?

思考がとっちらかる、話がとっちらかる原因には、
いくつか考えられますが・・・

第一の原因:そもそも思考を整理したことがない

そもそもどんな思考であれ「整理する前」は
「とっちらかった状態」です。
 
そして、整理をするのは意外と難しいのです。
 
話がシンプルで、しかも鋭い話をできる人というのは、
日頃からそういう思考のトレーニングをしているか、
自分の思考・意見を文章にして、人に伝える経験を
十分にしている人です。
 
だから、まずは自分が考えていること、自分が伝えたいこと・・・
そういった自分の思考を「文字」にして可視化し、整理しましょう。
 
アイディアマッピング的な
「無造作の書き出し」からの「目で確認しながらの整理」はお薦めです。
人間の脳のキャパって意外と小さいので、
思考を外化・可視化してやるのはすごく重要ですよ。v(^^*
 
※計算を筆算でやると楽!ってのと同じですね。

第二の原因:明確な「問い」がない

例えば「読書について」というテーマで
何か語りなさいと言われれば、
何でも語れそうですが、実際のところ
何を語って良いか分からず、あれこれ話が拡散してしまいがち。
 
でも、「読書が苦手な大人は、どのような読み方をしたらいいか?」
という問いを与えられれば、考えるべきコト、言うべきことが
非常に明確になります。
 
この問いが、より具体的になればなるだけ、
言うべきことが鋭く、研ぎ澄まされていきます。
 
そして、これは次の原因にもつながっていきます…

第三の原因:何を一番伝えたいか、自分で分かっていない

自分の主張、想いの中で「一番大切な、一番伝えたいことは何?」
という問いに明確な答えを出すのは、実は大変です。
 
「だって、全部伝えたいんだよ!」ってなりますから。(苦笑)
 
このとき、

  • 何を問われているのか?
  • それを誰に伝えるのか?
  • その目的は何か?

こういう条件をまず理解していることが必要。
 
その上で、

では、いろいろ要素がある中で、何を強調したら、
自分の伝えたいことが一番鋭く伝わるだろう?

そんな思考回路で、「伝えるべく用意した原稿をそぎ落とす」作業が重要。
 
そういえば、むかーし、アンジャッシュの渡部さんのラジオ番組に
出演した時、番組のシナリオライターさんに、
こんなアドバイスをいただきました。
アンジャッシュ渡部さんのラジオ番組出演後にパチリ

メディア関係者
寺田さん。まずは、言いたいことの核心を、
端的に、ひとことで表現してください。
その上で、『つまり…』という感じで、丁寧に語るんです。

その後、テレビの取材を受けた時に、
この言葉を強烈に思い出しました。
 
ディレクターさんに、唐突に振られた問いに、
ついついダラダラっと答えてしまうことが
あったのですが、そういう部分はことごとく、
カットされてるんですよ。(笑)

どういうトレーニングをしたら、「伝わる言葉」を手に入れられる?

これはもう、地道にトレーニングをするしか解決策は
ありません。
 
具体的には次の3冊を熟読した上で、最後の本に
あるような「要約トレーニング」をするのがお薦めです。

教科書1:松岡正剛著『知の編集術』

世の中にあふれる情報を、どう切り取ってきて、
どういう言葉を並べて、その価値を伝えれば良いか?
その極意が語られた本。
より伝わるメッセージを創り出すために、
言葉を広げたり、まとめたりといった作業をどうおこなえばいいか、
多大なる、しかも具体的なヒントが手に入ります。
 

教科書2:鈴木鋭智著『話し方より答え方』

手持ちのネタのうち、具体的にはどのような要素を取り出して
語れば、一番、その価値が伝わるのか?
そのトレーニングを提案してくれています。
実際に、ワーク形式で話が進んでいきますので、
練習ができるのがGood!
『話し方より答え方』

教科書3:『40字要約で仕事はどんどんうまくいく』

一冊を通じて「いかにして、主張を40文字に整理するか?」というテーマで
解説とワークを展開しています。
40文字に要約された模範解答の中身には賛否がありそうですが、
その作業プロセスについての解説とワークには大いに価値があります。
40字要約で仕事はどんどんうまくいく

結局、とっちらかった思考って…

結局、思考がとっちらかっているってことは、
誰に対して、
どんな情報を伝えて、
相手にどんな感情を持ってもらいたいのか、
どう行動してもらいたいのか、
そんなことを考えてないってこと。
 
そして、伝えるために思考を整理したり、
文章にしたためたりといった努力をしていないってこと。
 
それでビジネスや人間関係がうまくいくはずがありませんよね?
 
ぜひ、「切れ味抜群の言葉」を駆使して、
ビジネスの達人を目指しましょう!

関連するエントリー

  1. 「学び」を「力」に変えるために、絶対に必要なプロセスとは?

  2. 速読講座のBefore⇒Afterの闇

  3. 速読はどこまで読書の価値を高めてくれるのか? 読書の真の価値…

  4. 読書「力」を付けるために、まず心がけるべきこと

  5. 私たちはどのように現実を創造しているのか?

  6. 自分の「勝てないところ」に出て行く価値について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)