積ん読は解消すべきものか?

「本は積んでおくものである。 
 そして、夢を見、覚悟を決める。
 自分の身の回りに、人生の英知が所狭しと並んでいる。
 私はそれらをいつでも手に入れることができるのだ。」


 ── 出口汪著『速く深くざっくりつかむ出口式読書法』

積ん読に罪悪感を感じ、
 
「どう読むか?」ばかりを考えておりましたが!
 
──偉大なる知性が、すぐそこにある。
 
この贅沢こそが、私の未来と成長を保障してくれる!
 
そう考えると…「積ん読よ、永遠なれ!」(^^*

関連するエントリー

  1. あの速読講座の効果は単なるプラシーボ効果だったのか?!

  2. どうしたら人生の重大事を置き去りにせずにすむのか?

  3. 「何冊読んだ?」と聞きたがる人は「投資としての読書」シロウト…

  4. 【大人の活字離れ?】あなたの脳ミソ、活字を拒否してない?

  5. 集中力の鍵は「静けさ」にあった!

  6. 「近頃の若者は本を読まなくなった」はウソですか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)