ベストセラー書『GRIT』を読んで、どう「やり抜く力」を手に入れるか?

超売れ筋のベストセラー書『GRIT』をご存知でしょうか?
 
GRIT
 
日本語で「やりぬく力」ということで、何かを成し遂げるのは才能(いわゆる天才)ではなく、意志の力なんだということを、学術的な視点から主張しています。
 
そういえば、一昔前にマルコム・グラッドウェルの『天才!』という本が話題になり、その本の中で語られた「一万時間の法則」という言葉が、それなりに世間に認知されるようになりましたっけ。
 
その「一万時間の法則」についても、この本で言及されています。
 
ゴルフインストラクターとして名高いデイ・ペルツによる『パッティングの科学』には時間ではなく、「繰り返した回数」という観点から、こう語られています。

新しい技術を駆使した良好なストロークを2万回繰り返して、筋肉に記憶させることが必要である。
あなたはきっと私に「2万回のストロークですか。ものすごく多いですね。1万回、5千回では駄目でしょうか」と言うだろう。答えは「ノー」である。行動修正の研究によると、筋肉の長期記憶は1万回の反復運動をした時に定着し始める。新しいストロークがしっかりと使用可能な段階に達するには、2万回の反復が必要である。

 
いずれにも共通することですが、(私たちの実感とは違い)いわゆる「天才」は科学的には認められておらず、目標を持ってやり抜く力こそがスゴイ成果を作っているんだよ、という話なんですね。
 
 
やっと、ここからが本題。
 
では、天才ならざる私たちが、この本を読んで、「おー、そうか。天才じゃなくても成功できるのか!」と思ったとします。
 
でも、読んで感動した。吠えた。・・・では、3日たったら、また淡々と非凡ならざる日常生活を繰り返すことになります。
 
そうしないためには、どうしたらいいか? ── つまり投資としての読書を成就させ、自分を成長させるというリターンを手に入れるためにはどうしたらいいか? ── それが今回のテーマなんです。

まず、やるべきこと ⇒ 自分の行動をチェック!

まずは、成功する人の行動習慣とかパターンが列挙されていますので、それをノートに抜き書きしましょう。
 
もちろん、単にキーワード的に書き出すだけではなく、短くて良いので解説も添えて。
 
その上で、自分の日頃の行動を振り返って、それができているかどうかチェックしてみてください。
 
それがすべてできていれば、あなたはきっと成功しているはず。
 
もし、そうじゃないと感じるなら、どこに問題があるのか、何度も読み返し、さらに自分の行動を振り返ってみましょう。 

リストを名刺サイズのカードに書き出して、毎日の行動をチェック!

もし、できていない項目が見つかったら、それを疑問文の形でリストにし、日々読み返しましょう。

  • 「意図的な練習」を心がけましたか? 惰性に走っていませんか?
  • 目的に公的な価値を含めてイメージしましたか?

 
そんな感じで、自分に問いかけるわけですね。
これを毎日、ことあるごとに読み返します。

文化が変わらなければ、結果は変わらない!

私たちが、この本に書かれているように、何かを成し遂げるにせよ、その逆になるにせよ、その結果は私たちの行動が生み出しています。
 
その行動は、その行動を選択した思考が生み出しています。
 
では、その思考はどうして生まれたのか?
なぜ、本を読んで知っていることなのに、ついつい違う選択をしてしまうのか?
 
それは私たちの身体に染みこんでいる文化が、それを生み出しているからです。
 
図にするとこんなイメージです。

この「文化」を変える必要があります。
 
そして、それには毎日自分に教え続けるしかないんですね。
 
名刺サイズの紙にリストを書いておいて、ことあるごとに取り出して念仏のようにつぶやきましょう。
そして、あるべき自分の行動をイメージしていきましょう。
 
そういえば、ことのばのBLOGにこんな記事を書いたことがあります。同じ話ですね。

ということで、ぜひぜひベストセラー書「GRIT」を、あなたの人生を変える教科書として有効活用してください。
 
教科書として活用するってのは、読んで終わりじゃなく、反復して叩き込み、自由に出力できるようにするってことです。

動画で語ってみました!

蛇足(でも、遺伝子のパワーは強いよね…)

なんていろいろ書いてきましたが、こちらの記事の中盤に「やっぱり遺伝子にはかなわない」ということを書いておりまして…(汗)

ぜひ、読んでみてください!

GRIT

関連するエントリー

  1. 速読力が鈍ってきたら、何をすべきか?

  2. あなたは、あの本の中に、どんな星を見つけましたか?

  3. 速読技術が究極の自己投資ツールである理由

  4. 会話を盛り上げ、相手の本気を引き出すコミュニケーション技術と…

  5. 【速読?】本は速く読むべきか? ゆっくりと読むべきか?【遅読…

  6. 「資格試験は過去問中心に!」は本当か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)