軸のない読書は避けるべき…!

「「強み」とは何か。
 知恵に流されないことである。
 分別に溺れないことである。」
── 三島由紀夫著『葉隠入門』

あなたがもし、読書を通じて知性を高め、
それを武器、すなわち「強み」として、
この世界をサバイバルしようと思うのであれば、
 
その「知性」について注意すべきかも知れません。
 
知はあくまで、自分の生き方の軸のぶれをなくし、
強みを内側から頑強にするものでなければなりません。
 
情報に振り回されたり、煽られたり、
はたまた、策に溺れたり…
半可な知識は、
かえって内側から揺れと崩れを
引き起こしかねません。
 
まずは生き方の軸を持ち、
未来へのデザインに沿って、
内発的な求めにしたがって
読んでいきたいものです。

関連するエントリー

  1. 「本」の構造をつかむ難しさ 〜大学での読書講座から

  2. 【もうメディアに欺されない!】嘘を見抜く「眼」を養う入門書×…

  3. あなたは「社会貢献のドーナツ化現象」を起こしていないか?

  4. 「何冊読んだ?」と聞きたがる人は「投資としての読書」シロウト…

  5. プロフェッショナルを目指す人が読むべき1冊

  6. やってる?「7つの習慣」的読書

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)