たくさん読んでどうなりたいの?


「多すぎる書物は
気を散漫にするだけだ。」
── 中野孝次著『セネカ 現代人への手紙』

何か明確なフォーカスがあっての多読と
「とりあえず読もう」という多読とは、
まったく価値が違います。
そんなに沢山の船頭さんを雇い入れて
いったいどこの港を目指すのでしょう?

関連するエントリー

  1. あなたの読書は「よいこの読書」になっていないか?

  2. 「速読は詐欺/うさんくさい」に対する速読研究者からの返事

  3. 本から広がり出る三次元の世界とは…

  4. 情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

  5. 指導者は、本気で関わろうとしているだろうか?

  6. 講座の受講料は誰/何に払う代金なのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)