社員研修としてのビジネス速読・3日間集中講座

2017年9月11日から今日までの3日間、集中講座をおこないました。
 
受講者は、うちの会社がお世話になっている税理士事務所のスタッフ全員(8名)。
そして、たまたまこの日程で受講を希望してくださった2名の外部の方。
総勢10名でした。
 
一応、こちらの記事に、経緯と目的など書いておりますので、
興味をお持ちいただけるようでしたらご一読くださいませ。

税理士事務所のスタッフということは、みなさん、活字と数字には慣れているんだろうなーと思いきや、それがそうでもなく。💦
 
例えば、40代の女性スタッフの読書歴はこんな感じ。

小中学生時代:年間10冊程度(ミステリー中心)
高校時代:年間1冊程度
大学時代:年間5冊程度
この3年間:年間1冊程度(育児テーマ)

それでも、さすが活気とやる気のある税理士事務所スタッフ。
マインドが違いました。(^^)
この方の成果はと言いますと…

初日の読書スピード(理解度):約700文字/分(理解度60%)
最終日の読書スピード(理解度):約7,600文字/分(理解度80%)
※どちらも自己申告。同じ本の初見の部分を通読

こんな感じです。
 
今回の社員研修を企画してくれた所長(41歳男性)は、

【初日の記録】
1分あたり1,500文字(理解度60%くらい?)
 
【最終日の記録】
丁寧な読書:約5,000文字/分(理解度85%)
スピード重視の速読:1冊(216p)10分(理解度○)
丁寧な読書(重ね読み):5分で100p(理解度80%)

その他の皆さんのデータを列挙しますと…

  • 【20代女性】初日:665文字/分⇒最終日3,500文字/分
  • 【20代女性】初日:900文字/分⇒最終日3,900文字/分
  • 【30代男性】初日:900文字/分⇒最終日10,000文字/分
  • 【30代女性】初日:1,250文字/分⇒最終日12,000文字/分
  • 【30代男性】初日:2,800文字/分⇒最終日17,500文字/分
  • 【40代女性】初日:600文字/分⇒最終日3,600文字/分

こんな感じです。

アンケートから3人分抜粋

30代女性(読書歴:小中学生時代:年間50冊、それ以降:年間10冊)

上記4番目のデータの方のアンケートから感想を。

30代男性(読書歴:学生時代:?、社会人:年間30冊程度)

上記、下から2番目の男性のアンケートの数値部分から。

40代男性(読書歴:データなし、ただし現在MBAで勉強中)

こちらはスタッフさんではなく、外部の方のもの。

このデータは「本物」とは言い難いのですが…

もちろん、これは「普段、自分が日常で読んでいるレベルの本」の測定値です。
それに「速読講座という特殊な状況での、いわば作られた数値」です。
 
なので、ここから3週間の自主トレ期間を通じて、「読みたい本、読むべき本を自在に読みこなす」レベルまで、技術を磨き上げていただかなければなりません。
 
10月の上旬には、今回の速読講座のフォローアップ講座と、税理士試験を受験するスタッフのための高速学習講座を予定しています。

この一連の講座と、それを通じて手に入れた自己成長エンジンとしての読書を通じて、どんどんビジネスを盛り上げていってもらいたいと思っています。

社員研修としてのビジネス速読術講座

今回のように社員研修として、大学教育にも採用されたビジネス速読術講座を採用したいというご希望がありましたら、気軽にお問い合わせください。(^^)
 
基本は「3日間フル」ですが、4時間程度の「読書研修」なども承ります♪

※受講料などはご相談くださいませ。

ちなみに、この講座は西南学院大学の通年授業(3日間の速読講座+通年の読書講座)として採用されたものです。

関連するエントリー

  1. 人生の旅路をよき方向へ

  2. 読書で学ぶベースには…

  3. 僕は「読書が好き」なんて絶対に言わないっ

  4. やってる?「7つの習慣」的読書

  5. すぐには役に立たない本をたしなむ、ということ

  6. あなたの「分かった!」は本物か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)