学びの質を上げるために必要な「3つの窓」とは?

教師あるいは学者は、外部へ通ずる三つの窓、
すなわち過去へ通ずる歴史の窓、
現在ある他の社会へ通ずる窓、
そして純粋な理論の世界にある理想社会へ
通ずる窓の守護者なのである。
── ダグラス・ラミス著『影の学問・窓の学問』

大人の「自己教育」のための読書の
究極の目的は何か、と問われたら、
 
あなたは何と答えますか?
 
決して一般論としてではなく、
あなたの問題意識として。
 
 
私は、「自由を手に入れるため」と
答えます。
 
誰にも惑わされず、煽られず、騙されず…
 
純粋に、自分の意志、ビジョン、美学に従って
生きていく。
 
その時に読書がどう役に立つのか?
 
 
その答えの1つが、このラミスの言葉に
現れていると考えていいでしょう。
 
今の自分の生きている社会を、
自分自身を、手に入れた情報を、l
身に付けた教養を常にクールに
相対化しておくのです。
 
本は、あなたと外の世界をつなぐ窓であり、
あなた自身の居場所を俯瞰し、
確認するための窓でもあります。
 
窓は多ければ多いほど、
たくさんの視点、視野が手に入ります。
 
良い本を、山ほど読みましょう!

関連するエントリー

  1. 地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読…

  2. 速読を活用して社会福祉士の勉強をしてみると…

  3. 勝間本「目立つ力」のスゴサの秘密

  4. 著者との共同作業としての読書

  5. 自分の「勝てないところ」に出て行く価値について

  6. 「速読で語彙って増えますか?」問題

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)