2017年、残り4ヶ月を充実させるための教科書(3冊)

今朝、息子を連れて保育園まで歩いていったのですが、
もう、蝉が鳴いていないんですよ…
 
小学生のお兄ちゃんも、今日から新学期ですし。
 
もう秋なんですね…
 
そういえば日差しも和らいできましたし…
気温は高いのですが、灼熱からは解放された印象です。
 
 
ということは…
 
年末は目の前だ!…というのは大げさですが、
いよいよ、2017年を「充実した一年だった!」という
充実感で締めくくるための最終コーナーが見えて来つつある…
ということです。
 
この夏の充実度合いはいかがでしたか?
 
もし緩んでいたようなら、
9月1日を良い状態、いいマインドで迎えられるよう、
今日から3日間の過ごし方を変えてみてください。

高いモチベーションと行動力は、
節目や月末に高めておくのが定石

なのです。

目標の再確認、そして日々のタスクの見直しを!

今、あなたに必要なことは何でしょう?

  • 心を整える作業…
  • 大きな目標を再確認する作業…
  • やるべき課題を見定める作業…

いずれにしても、今週中に時間をゆっくりと確保して、
自分と向かい合う「一人会議」の時間が必要ですね。(^^)
 
高速学習講座を受講済みで、
マネジメント手帳をお持ちなら、
ぜひぜひ心機一転、書き直してみてください。


もし最新版(2017年版)をダウンロードしていないなら、
ダウンロードし直してください。
過去に受講した方は、無料でダウンロードしていただけますよ。(^^)

目標達成力・行動力を高めたい人にお勧めの3冊!

もし、あなたが「目標設定」とか「目標達成」のことをよく知らない…
 
もっと自分が立てた目標を確実に達成できるようになりたい…
 
そうお考えなら、こちらの3冊の本を教科書として学んで見てください。

『仕事に追われない仕事術』

名著『マニャーナの法則』の最新版です。
私はこの本のおかげで、仕事に追われないスタイルが身につきました。
(英語の論文には相変わらず追われていますが、これは単純に英語力不足のなせる技です…)

『仕事に追われない仕事術』

『秘伝すごい会議』

残念なことに、すでに中古でしか手に入りません…
が、非常に破壊力のある「目標達成ノウハウ」がギュッと詰まっています。
  
なお、この書籍を教科書としておこなった「目標設定&達成講座」の動画もありますので、
よかったら参考にしてください。(^^)
>>http://bit.ly/GoalManagement-Movies
(合計約2時間の講座全編です)

『秘伝すごい会議』

『成功の教科書』

私が最初に「目標達成」について学んだのは、この本の著者、原田隆史氏の本。
日本ハムファイターズの大谷翔平選手も学んだという目標達成術なんですよ。
  
実際、相当パワフルですし、私が作っているマネジメント手帳も、原田さんのメソッドを踏まえています。
 
ちなみに、ダイレクト出版で、このメソッドを分かりやすく解説しているDVDブックスが無料プレゼントの対象になっています。
原田隆史氏のDVDプレゼント
 
私はこのDVDだけでなくオンライン講座も利用しています。(フルセットの教材付き!)
まぁ、それはかなりこってりしていますので、本気の人以外に勧めるつもりはありません。
(それほど高くもありませんし、費用対効果は高いと思いますが…)
 
ですが、原田メソッドを知っていたけど、活かせていない…という人なら、DVDは視聴する価値があるでしょう。
(9月8日までの期間限定だそうです!)
 
なお、無料で購入することで、次々にダイレクトメールは
届くかと思いますが、そこは適当にどうぞ。(笑)

『成功の教科書』
 
 
ということで、まずは今週一週間を充実させて、
9月から、2017年の残り4ヶ月を充実させましょう!

追伸

ビジネスをなさっている方は、とにかくどんどん濃いビジネス書を読みましょう!
 
私もこれまでに読んだ本の中から「良書」をどんどんお勧めしていきたいと思っていますが、
どうしても偏りが出て来てしまいます。(^^;
 
私は「自分で本を選ばず、とにかく薦められた本を読む」という仕組みを用意しています。
というか、そういう相手のマーケティングに乗っただけですが(笑)
 
ですが、自分だったら絶対に書店で買わないであろう本が毎月届くので、確実に世界が広がっています。
 
もし、「最近、ビジネス書を読まなくなったなぁ」とお感じなら、ぜひ一度、試してみてください。
>>http://bit.ly/DirectBusinessBooks

関連するエントリー

  1. 本を読んだ…んで、BLOGに書いてどーすんの?

  2. 【目標達成へ!】今年残り2ヶ月を価値あるものにするために、今…

  3. 読書で手に入るものは何か?

  4. あなたの「読んだ」がアテにならない、その理由

  5. なじみのないジャンルの本でも、速読できるのか?

  6. 【速読トレーニングのキモ】⇒速読は入力のシフトで可能になるの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)