本から広がり出る三次元の世界とは…

「本という二次元の表現が、
 「時」という要素が加わることで
 三次元に立ち上がってくる。」
── 赤川次郎著「三次元の読書へ」(岩波文庫『読書のとびら』より)

紙の書籍というのは、そのすべてが
二次元平面上に印刷されています。
 
もちろん、それが束になって三次元空間に
存在しているわけではありますが…
 
でも、その本質は二次元の平面上の世界。
 
 
だからこそ、空間の中を行ったり来たりできるという
メリットがあるわけです。
 
あなたも、本はともかくとして、事典や辞書を
あっちに行ったり、こっちに戻ったりして参照しながら
書籍の中を探索した経験をお持ちでは?
 
 
しかし、それがひとたびストーリーという文字から
立ち上がる空想の世界に入っていくと、ページの進行が
時間の進行となり、それまで空間軸の中にすべて同時に
存在していた文字情報が、時間の中にプロットされてしまいます。
 
その瞬間から、言葉は空間軸から時間軸へと
劇的な転換を果たすのです。
 
本を開くと、今生きているのと、まったく違う世界、時間が
そこに動き出すわけですよね!
 
それこそが、本を読む醍醐味かと!

関連するエントリー

  1. どんな読書・学びなら、あなたは本当に変われるのか?

  2. 「本」の構造をつかむ難しさ 〜大学での読書講座から

  3. 【速読トレーニングのキモ】⇒速読は入力のシフトで可能になるの…

  4. 速読をマスターした後、技術レベルを維持するための最大の鍵は……

  5. 2017年に読んだ本の中で、あなたにぜひ読んで欲しい6冊+α…

  6. 「読書の基本」を作る読み方とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)