【ご報告】学会で、速読指導に関する研究の成果を、口頭発表して参りました

先日、神戸にて日本教授学習心理学会の年会が開催され、そこで大学生47名に対する速読技術および読書ストラテジーの指導の成果に関して、口頭発表をして参りました。
 
海外の学会と違い、審査(査読)もなく、発表したい人が発表するだけのことなので、全然すごくないのですが、学術界の皆様にどういう受け止め方をされるのかを試すという意味で、私の中では非常に重要な意味のある場だと考えています。
 
以上、ご報告でした。(^^)

発表資料

15回年会予稿集原稿・寺田正嗣
 

※クリックすると、PDF資料(4ページ)が閲覧可能です。

詳しく「速読」に関する学術的研究を知りたい方はこちらを…


登録解除

関連するエントリー

  1. 人生の旅路をよき方向へ

  2. 頑張っているのに成果が出ないと感じたら、用意すべき3つの要素…

  3. 速読をマスターしたら、本当に読書量は増えるのか?

  4. 読書の際に、絶対に忘れてはいけない一番の要素

  5. 酒を飲んで「1年」を忘れてる場合じゃありません!

  6. 積ん読は解消すべきものか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)