古典/哲学

『論語』を読まずに『論語』の価値を考える方法

課題図書
『論語』?
種別
古典の読み方

今月はちょっと道を外れて、古典について語ってみようと思い立ちました。
 
そういうわけで、今回あつかってみるのは『論語』。ただし、論語は読みません。
元高校倫理教師として、論語に価値があることは分かっています。
 
ただ、論語を読むことには意味を感じません。
 
論語から何かを学ぶには、論語じゃないものを読んだ方がいいのではないか?── そんなアンチテーゼをうそぶきつつお届けします。
 
批判でもご意見でも、自由にコメント欄にどうぞ。私がお返しするかどうかは別ですが…

ビジネス読書道場で読書力アップを目指しませんか?

漫然と本を読んでも、残念ながらあなたの読書力は高まりませんし、あなたの知性が高まる可能性も限りなく低い…のです。
大学の通年授業として開講されていた読書法講座をベースに社会人向けにアレンジされた読書法のオンライン講座を、あなたも受けてみませんか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)