CLOCK Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

 

寺田

日本の大学生や社会人にとって、読書を当たり前の目標実現ツール、自己教育手段にする。
そのための読書指導、速読技術指導メソッドの構築
に関する研究にご協力いただけませんか?

 
ご存じでしょうか?
先進国で日本だけ、読書教育が存在しません。私たちは、効果的な本の読み方も、学習への活かし方も、ノートへのまとめ方や読書レポートの書き方も一切学ぶことなく、社会に出て行きます。
その読書技術の一つとしての速読技術に至っては、完全に夢か魔法か、はたまた詐欺かとしてしか扱われません。
速読技術とは、本来、読書の学習効果を高めるための非常に価値の高いオプションなのですが…。
(上の図解のとおりの成果が上がっています!)
 
この現状を打破したい。
誰もが当たり前のスキル、リテラシーとして、本の読み方(読書技術・読書ストラテジー)を学び、激変する時代をサバイバルする力を手に入れられる社会を作りたい ── それが、この講座(研究)の目指す本当のゴールです。
  
今回の調査(博士課程での調査)では、次の3つの目的を学術的な研究として達成するために、総計120人の参加者(学生さん60人、社会人60人)を募集しています。

  • 1.誰もが当たり前のように修得、活用できる速読技術と読書ストラテジーを確立します。
  • 2.速読技術によって、単に「読めた」という実感以上に、実際にどのような効果(学習効果や理解の質)が得られるのか、客観的な指標を作り、確かめます。
  • 3.大学教育で、速読技術を含む読書法指導が、当たり前の読書教育として採用されうるような指導メソッドを確立します。

このような趣旨にご賛同、ご協力いただけるようでしたら、通常198,000円のアカデミック速読術(フォーカス・リーディング)集中講座を、128,000円(大学生(2019年度新1,2,3年生)は8,000円!)でご案内しますが・・・。

3日間集中講座で目指すゴール

この講座では、3日間の集中的なトレーニングと、事後2週間の実践的な読書演習のサポートを通じて、次のような力を手に入れていただきます。

【1】1冊10分の速読技術

1冊の書籍(200ページ前後)を10~20分程度で読みこなす速読技術を手に入れます。
この技術によって、読書が驚くほど楽で、身近なものになり、「読みたいのに時間がなくて読めない」というストレスから解放されます。読みたい本を自在に読みこなせる喜びを手に入れてください。

★ご注意★
ただし、1冊10分といっても、精読のように丁寧に読んで、しかも記憶に残る…というような魔法でありません。
ここで目指すのは、「マクロの理解(書籍の論の構造)」にフォーカスした概要把握の読書です。それでも、ちょっとした隙間時間に1冊読めてしまう体験は、きっとあなたの読書人生を激変させてくれることでしょう。

【2】1冊20~50分の丁寧に読み、味わう読書

丁寧に、いつも通りの理解で読もうとする場合、読書のペースは1ページあたり6秒から15秒程度。
読む内容や、読む目的に応じて、スピードと理解度のバランスを自在にコントロールし、もっとも効率的で、効果の高い読み方を実現できるようになります。
★読書スピードの計測結果

★ご注意★
ここで「丁寧に」という場合、それで一度読んだからといって記憶に完全に残せるとか、国語の読解テストを解けるとか、そういうことを意味しません。あくまで主観的に「いつも通りの楽しめる」ということに過ぎません。

【3】学習効果の高い読書法

あなたがもし「読んだ内容が記憶に残っていない」とお感じなら、この読書法がお役に立つはずです。
大学の通年の読書法の授業でも指導する、書籍を分析的に理解して読み、記憶に残せるような読み解き方(reading strategies)、読み重ね方(strategic reading algorithms)をご指導いたします。
 
 
これらの速読技術と読書法をマスターできたら、あなたの人生、ビジネスはどう変わるでしょうか?

過去に受講した方々は…



すべての推薦の声を読む

ところで、あなたは
激動の未来に備えていますか?

大ベストセラー『7つの習慣』、第3の習慣の冒頭にこんな問いが掲げられています。

もし、常日頃から行っていれば、あなたの私生活の質を著しく向上させる活動がひとつあるとするなら、それは何だろうか?

名無しさん

もし一年前から毎日15分間、集中して読書できていたら今頃…?

もし仮に、毎日15分間だけ本を読み、それを行動の変化と自身の成長につなぐことができていたら…と考えてほしいのです。
そしてその結果、たとえばもし1日わずか0.1%の変化と成長が手に入ったら
 
実に、365日で1.44倍3年後には2.99倍の成長を遂げた自分に出逢える計算です。

しかも、それに必要な投資が1日の「15分」という時間で済むとしたら?
この「15分」という時間。これは1日の1%に過ぎない時間なのです。

自己教育/学習に特化した
速読技術と読書法をご提案します

ここでご提案する速読技術は、あなたの15分を学びのゴールデンタイムに変える力を持つ、効果的な学習のための技術です。
 
もし、あなたが「1冊3分」とか「右脳で処理」「写真のように写し取る」というような、夢か魔法のような超能力をお求めなら、この技術(と講座)は役に立たないでしょう。
この速読技術と読書法が、自己投資としての読書、自己教育の手段としての読書の価値を高めることに特化して開発されたものだからです。

寺田

実は、ここで1つ、あなたにとても大事なお願いと、とてもお得な提案があるんです!

もしあなたが速読技術をマスターして、昨年の受講者さんたちのように、読書スピードを約4倍に引き上げ、読書量を年間100冊というレベルに引き上げたいとお考えなら、ぜひご協力いただけませんか?

九州大学大学院・博士課程の研究として開催します

2019年から2020年にかけておこなう「フォーカス・リーディング3日間集中講座」は、主催者(講師)寺田昌嗣が所属する九州大学大学院・教授ストラテジー論研究室の研究の一環で開講します。
その研究目的は、現在、寺田個人の特殊スキルとしておこなっている速読技術および読書法指導を、誰もが実施できる一般的、普遍的なものにするためです。これらが社会人、大学生の当たり前の読書スキルになることを目指し、高等教育に採用しうる指導法の構築を目指しています。

集中講義として「速読技術および読書ストラテジー指導」を採用していただける大学があれば、ぜひご連絡ください。
現在、2つの私立大学が採用の検討に入ってくださっています。

調査にご協力いただけるなら、
「特別料金」をご提案いたします

通常の速読講座は¥198,000ですが、もしあなたがこの調査にご協力いただけるなら、特別料金¥128,000でご案内いたします。
さらに、あなたがもし大学生(現1,2年生,18歳から21歳まで)であれば、なんと¥8,000で受講していただけます(過去に集中講座を受講した方からのご紹介があれば、さらに8,000円引き、つまり無料となります!)。

※社会人の方は通常の講座として受講可能です。
申し込みページ

 
その調査とは・・・

必ずご提出いただくレポート・アンケート

以下の数種類のアンケートをご提出いただきます。(提出していただいたアンケートは研究調査に利用し、論文およびブログその他のインターネット上の発信、書籍の出版などに採用する予定です。)

受講前、謝礼受領後に関わらず「受講のみ希望で調査には協力できない」、「データを論文や発信、出版に使わないで欲しい」と申し出ていただいてかまいません。遠慮なくご連絡ください。
ただし、謝礼(Amazonギフト券+昼食代・懇親会費)を全額お返しいただくことになります。あらかじめご了承ください。

  • 1.事前アンケート
  • 2.受講の1週間前に1時間ほどの読書演習を実施⇒その結果のレポート
  • 3.受講最終日のアンケート
  • 4.読書実践サポート(2週間)の最終日もしくは、その後3日以内に読書演習(約1時間)実施⇒その結果のレポート
  • 5.その後、2~3ヶ月が経過した時点での読書の近況報告(時期は別途お知らせします)
  • 6.受講から半年程度が経過した時点の近況報告(時期は別途お知らせします)

さらに以下の件も必須とさせていただきます。

受講の条件となること

  • 講座受講のレポート、アンケートを含む一切のデータを研究のために使用することを了承していただきます。なお、結果は研究の報告のための論文、ブログ記事、SNSでの投稿、書籍の出版などにも使用いたします。ただし、あくまで集計結果に含まれるのみで、個人が特定される情報や大学の固有名が公開されることはありません
  • Twitterのアカウントは必須です(捨てアカ可、申し込み時点で申告)
    2週間のサポート中はTwitter上に規定のレポートを提出(ツイート)していただきます。Twitter上にレポートしていただいた分について、こちらからアドバイスをお返しします。
  • 読書記録アプリ bookmeter の事前インストール・ID登録
  • 3日間、遅刻・欠席・早退をしないこと(欠席・早退および15分以上の遅刻は受講辞退とみなします)。
  • 講座の様子をビデオで撮影します。それを配布の料金、方法を問わず一般に公開する予定です。(受講者の顔が写らないように配慮しますが、後ろ姿すら写されたくないという方は受講をご遠慮ください。)

Twitterアカウントおよびレポートのツイート、Bookmeterのアカウントおよび読書記録は、受講後、半年間は削除しないことを確約してください!

気になる謝礼は…

上記提出アンケート1,2,3,4の4つのアンケートおよびデータ、レポートをご提出いただくことでAmazonギフト券8,000円分をご提供いたします。なお「4」には2週間の読書サポート期間中の読書記録(bookmeter.com利用)およびTwitter上での3回以上のレポート投稿を含みます。
5についてはAmazonギフト券3,000円分、6についてはAmazonギフト券5,000円分をご提供いたします。

寺田

ここまでの内容、いかがでしょうか?
もし、気になることがあれば遠慮なくお問い合わせくださいね!⇒お問い合わせフォーム

この講座に含まれるサービス,講座の流れ

1.申し込み

この下にあるフォームから、講座の時期と申し込み区分を選んでお申し込みください。

※「非研究対象希望」での受講は事前(お申し込みいただいた直後から)、事後(受講後12ヶ月間)のサポートを無料でご利用いただけます。フォローアップ講座も年間3回まで、無料で受講していただけます。また、フォーカス・リーディング・オンライン動画講座および高速学習講座(動画講座)も無料でご利用いただけます。

2.資料送付

会場の案内、誓約書などをお届けします。
事前の読書課題については、講座の2週間ほど前に別送します。

3.事前アンケート

これまでの読書についての調査と、あなたの読書や学習についての考えについて、Webアンケートでお答えいただきます。
もし、あまりに読書に自信がないようでしたら、事前の読書課題を差し上げます。ご相談ください(学生さんは無料ですが、社会人の方は税込み月額2980円必要です)。

4.事前の読書課題

ちょっとした読み物を読んで、ワークに取り組んでいただきます。テストというより「現状の把握」ですので、自然体でどうぞ。

5.当日3日間

9:30スタート、16:30終了。途中85分ごとに休憩あり。
12:30から13:30はランチ休憩(お弁当が出ます)。
初日と2日目は宿題が出ます。(1.5時間分)
最終日は慰労会的懇親会です。これは無料ご招待。

6.事後2週間の読書演習

3日間で身につけた速読技術と読書ストラテジーを活用して本を読んでいただきます。
毎日30分。可能なら1日1冊!
途中、合計6回(最低3回)のレポート提出と、Bookmeterに読んだ本の登録をお願いします。
最終日に1冊読んで、レポートを提出していただきます。
ここまで完了で8,000円のAmazonギフト券プレゼント!

7.集中講座から2~3ヶ月経過した時点でアンケート

この期間もBookmeterに読んだ本を登録して記録しておいてください。
その記録とセットで、Webアンケートへの回答を提出していただきます。
これで、Amazonギフト券3,000円プレゼント!

8.集中講座から半年経過した時点でアンケート

同上です。
これで、Amazonギフト券5,000円プレゼント!

講座実施の日程・会場

  • A.2019年09月14, 15, 16日(土・日・祝) at 渋谷
  • B.2019年07月13, 14, 15日(土・日・祝) at 福岡

申し込みフォーム

★ご注意★
1.お支払い方法は「銀行振込またはPaypal決済」となります。
2.領収書/請求書は基本的に発行しておりません。領収書をご希望の方はご連絡ください。pdfにて発行させていただきます(内容は以下のとおりです。領収日:講座初日、但し書き:セミナー受講料として、宛名:本人のお名前)。
3.募集対象は申し込み段階で年齢18-22歳の大学1年生または2年生です。

登録
解除

その他(キャンセル/スライド)

学生さんの講座のキャンセル、スライドは講座開催2週間前まで可能ですが、2019年の研究講座は9月が最後です。
そこまでに受講できないようでしたら、残念ですがキャンセルとなります。
お支払いいただいた受講料は振込手数料を差し引いた金額をお振り込みいたします。

※2019年3月までに重し込みいただいた講座については、その時点のキャンセルポリシーにしたがいます。